子どものためのコンサート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちのシベリウス・コンサートは、フィンランドで最も人気の高い子ども向けコンサートです。2010年以来、コンサートセンター協会(Konserttikeskus ry)の主催によりフィンランド各地で1,300以上のスクールコンサートが開催されており、すでに30万人以上の観衆を集めています。近年、このスクールコンサートは、香港、イタリア、ベルギー、ノルウェー、アメリカなど、フィンランド国外でも大きな人気を集めています。

 

この子どものためのお話コンサートでは、奏者がシベリウスの音楽を演奏するだけでなく、曲の合間にシベリウスの生涯やコンサートの曲目にまつわるエピソードを生き生きとお話します。お話コンサートの脚本はチェリストのユッシ・マッコネンが手掛け、2014年12月には、数十万人の小中学生にシベリウスの音楽を演奏した功績により、ハメーンリンナシベリウス協会がユッシ・マッコネンにシベリウス生家メダルを授与しました。2015年8月には、フィンランド文化への貢献に対し、カレワラ・ジュエリー文化財団からマッコネンに栄誉賞が贈られました。

 

子ども・小中学生向けマルチメディアコンサートでは、マッコネンとアゼジアンが「シベリウス・インスピレーション」マルチメディアコンサートのエッセンスを選りすぐってお届けします。この新作のマルチメディアコンサートは2015年秋から学校で上演されており、非常に熱心に受け入れられています。

 

2015年1月には、マッコネンとアゼジアンの企画で誕生した子ども向け絵本「Soiva metsä(歌う森)-ジャン・シベリウスの足跡」がフィンランド語、英語、スウェーデン語で出版され、フィンランドで最も人気のある幼児・児童書の一つとなりました。「Soiva metsä」の作画は、カトリ・キルッコペルト(Katri Kirkkopelto)によるものです。この本は、2015年にフィンランド教育文化省の支援によってフィンランドの全小学校に配布されました。下のビデオで、この本の誕生にまつわるエピソードがご覧いただけます。

 

 

1/7