「シベリウス・インスピレーション」マルチメディアコンサート

 

「シベリウス・インスピレーション」マルチメディアコンサートは、音楽、ビデオ、音、光によって聴く人をフィンランドの国民的作曲家ジャン・シベリウスの世界へと誘う、トータルな体験です。コンサートは、シベリウス自邸、アイノラ(Ainola)の花が咲き乱れる庭園、夕暮れ時の神秘的な苔むす森、荘厳な北カレリア・コリの頂上の雷雨へと誘います。聴く者を魅了してやまないシベリウスの音楽と物語、そしてコンサートのために撮影されたビデオが、シベリウスの眼で見たフィンランドの自然を肌で感じさせます。

 

コンサートでご覧いただく東フィンランド・コリの絶景は、シベリウスに多大な影響を与えました。シベリウスは、1909年にコリを訪れた際、こう日記に記しています。「コリにて。わが人生最大の経験の一つだ。- -」

マルチメディアコンサートの撮影・監督はアイラ・ヴェハスカリ(Aira Vehaskari)です。コンサートでは、チェリストのユッシ・マッコネン、ピアニストのナジグ・アゼジアンの演奏により、シベリウスの最も有名な曲をお聴きいただきます。このコンサートのための曲の編曲は、マッティ・マッコネン(Matti Makkonen)が手掛けています。コンサートの衣装は、著名なフィンランドのファッションデザイナー、メルト・オッツァモ(Mert Otsamo)が、二人のアーチストのためにデザインしたものです。また、フィンランドで唯一の調香師(パフューマ―)、マックス・ペルットゥラ(Max Perttula)は、このコンサートのためにアイノラの庭園の香りを調合しました。聴く人がマルチメディアを通じてシベリウス自邸、アイノラの庭園に誘われると、コンサートホールにアイノラの花々が薫り始める―こうして、香りはコンサートの一部となります。この「レール・ダイノラ(L’air d’Ainola)」は、シベリウスの誕生日である2015年12月8日に女性用のフラグランスとして発表されています。

 

「シベリウス・インスピレーション」マルチメディアコンサートは、マッコネンとアゼジアンのコンサートツアーと並行して、2015年9月27日にアメリカ・ニューオーリンズの伝説的なオルフェウム劇場で世界初演が行われました。コンサートには有名なニューオーリンズシンフォニー合唱団が出演し、マッコネン、アゼジアンと共演しました。下のショートビデオで、合唱団との共演によるシベリウスの「フィンランディア」をご覧ください。